こちら庄内平野ど真ん中の人間。庄内の自然豊かで芳醇な文化、人々の暮らしを気ままにつづっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現在の五条大橋義経に忠誠を誓う義経の家来となる武蔵坊弁慶については、義経同様に「義経記」に縷々述べられています。また、全国各地に「弁慶伝説」も伝わっています。
京都の五条大橋で出会ったこと、平泉で敵の矢を受けてたときの「立ち往生」の話は有名ですが、実は実在の人物かも不明とか。
え?こんなに全国にその痕跡が残っているのに…、不思議なことですね。

 全国に伝わる「弁慶伝説」これから調べていきたいと思います。
 みなさん!「義経伝説」そして「弁慶伝説」も語り合っていきませんか。
 地名や史跡にまつわることがありましたらお知らせください。

 

クリック!<==ここクリックしてね!
スポンサーサイト

【2005/11/29 03:28】 | 義経伝説
トラックバック(0) |

秀峰鳥海山2236mこんなすばらしい景色は、独り占めはできないな!
何年ぶりに出会えたろうか。秋晴れの日本海の風景は。そして、心に深く刻み込むことができたな。
鳥海山は、山形と秋田の県境にそびえる2236Mもある秀峰。その美しい景色からは出羽富士とも呼ばれる。そして、日本海の美しい海岸線。その日は遠くまで見えた。押し寄せては引いていく秋の白波。その海
秀峰鳥海山はるか彼方には、飛島が夕焼けにそまっていた。

 




鳥海は見る場所でこんなに違う

雄々しい姿の鳥海山






日本海1夕焼けにかすむ飛島






クリック!<==ここクリックしてね!


【2005/11/28 06:31】 | 東北
トラックバック(0) |

勧進帳(NHK義経より)名演技の富樫泰家(NHK義経より) 関守富樫泰家は、だれも通らない関守にすっかり怠慢生活だったのだろう。
 それにしても、手配されている義経主従と全く同じ風体の一行が現れたときにはすっかり確信したのだろう。ときめく鼓動をゆっくりと押さえながらじりじりとおいつめていく、なんとも感動を呼ぶ名演技でした。関守富樫を演じた石橋蓮司さんはすごい。
 最初は、頼りないような感じだったのに、敏腕関守に変わっていくにつれて、もうドキドキ。見破る時のあの鋭い目つき。その上、あえて見逃すという人間くささは、まさに、人情たっぷり。勧進帳に魅せられている日本人の心をとらえた考えられている名演技でした。

クリック!<==ここクリックしてね!

【2005/11/27 21:19】 | 義経伝説
トラックバック(0) |

弁慶勧進帳を読み上げる弁慶名演技・勧進帳を朗詠する(NHK「義経」より)  兄の源頼朝に追われる義経が奥州平泉へと落ちのびる途中の文治3年(1187年)、山伏姿で安宅の関にさしかかる。
 関を越えようとしたその時に、関守富樫泰家に見とめがられ、詮議の問答が始まる。弁慶は白紙の勧進帳を読み上げて、強力に身をやつした義経をかばう。しかしなお顔が似ているという関守の前で「義経に似た貴様が憎」いと義経を打ちすえする。その忠義の心に感じた富樫は義経と知りながらも一行を解放し、関を通してしまう。

 それならば勧進帳を読んでみろ!安宅の関跡義経は荷物運びの下人姿となり、一行は奈良東大寺再建のための勧進であると偽る。なぜなのか?それは、義経が潜んでいた吉野の近くには熊野があり、めざす奥州には出羽三山がある。どちらも修験道の聖地。熊野と出羽を結ぶ北陸路は古くより山伏の往来が多く、加賀白山もまた修験の山だった。北陸路を無事通過するには全国を巡り東大寺再建のための寄付を集める山伏姿は格好の隠れ蓑だった。もちろん頼朝からの追手は全国に及んでいる。山伏だからといって簡単に通ることはできない。弁慶はじめ大人数の一行は目立つ存在だったはずだ。
 怪しんだ関守の富樫から、「それならば勧進帳を読んでみろ!」と迫られる。もちろん勧進帳など無い。弁慶は偽の巻物を広げ、勧進帳の内容を創作し朗々と読みあげる。納得した富樫は一旦通行を認めるが、ふと見た強力が義経に似ていると気付き、疑がわれてしまう。
 とっさに弁慶はお前のような者がいるからと、義経を金剛杖で打ち据える。その気迫に押され、まさか主人をここまで激しく打つ家来はいないと富樫は関を通してくれた。
 関所から離れ、弁慶は大切な主君を打った非礼を心より詫びたと言われる。そして一行は奥州をめざす旅を続ける。


クリック!<==ここクリックしてね!


追記を閉じる▲

【2005/11/27 06:30】 | 義経伝説
トラックバック(0) |

義経上陸の地念珠の関跡念珠関(ねずがせき)は、白河関、勿来関と共に奥羽三大関所の一つに数えられる関所。江戸時代には「鼠ヶ関御番所」と言われ、明治時代に関所が廃止されるまで重要な役割を果たしてきた。
 現在は大正時代に立て替えた柱や石垣の一部が残り、古い番所は今でも民宿として利用されている。
頼朝の追討を逃れて奥州に向かう源義経が海路を北上し、ここ念珠関で上陸したという説から、有名な勧進帳の舞台になった所ともいわれているのだが…。地元でもそう信じていて疑わない人が多い。
 しかし、歌 舞 伎18番「勧 進 帳」は、各所で見せた弁慶の活躍加賀の安宅関1ヶ所での出来事のように集約し作られたものであると考えるのがいいのでないか。
NHKの「義 経」は本日放映「安宅の関」ではこの辺りをどう描くのだろうか?


 山形県内の義経行程図<文治3年(1187)の奥州下り>
義経一行のルート
芳賀由也氏HPより引用
クリック!<==ここクリックしてね!


【2005/11/27 05:44】 | 義経伝説
トラックバック(0) |

 伝説によれば、頼朝静の舞に追われた義経の後を追い、福島県郡山市に着いた静御しずやしずと呼んでいる(NHK「義経」より)前は義経の訃報を聞いて身を投げた池は、美女池呼ばれ、後に供養のために静御前堂が建てられた。
 その連絡を郡山で聞いた静御前は、翌日、郡山の地元で世話になった人たちを集めて、義経供養に舞を披露すると申し入れた。
 宿泊していた長者屋敷には舞台があり、鎌倉八幡宮と同じように、静御前は白拍子姿となって舞う。その後、「京に戻る」と言い残して、静御前は近くの美女池に身を投げた。文治5(1189)年。22歳だったと伝わっています。
 *写真は、「南陽市の菊祭り」より

静御前は、文治元年、源頼朝に鎌倉に招かれ、鶴岡八幡宮にて頼朝と政子夫妻の前で、 
 「吉野山峰の白雪ふみわけて 入りにし人の跡ぞ恋しき
 「しずやしず賤のをだまき くり返し 昔を今に なすよしもがな
と歌を歌います。義経を恋う、強い思いたっぷりの歌を聞いた頼朝は激怒したそうですが、政子に諭されて、幽閉を解いて京へ帰ることを許したと言われています。
 容姿端麗な静が 義経への想いを、扇立烏帽子、太刀をはき、男装で舞ったとされていることから、毎年4月、鎌倉祭りのイベントとして「鶴岡八幡宮舞殿」にて静の舞いが奉納されています。
 クリック!<==ここクリックしてね!


【2005/11/26 03:22】 | 義経伝説
トラックバック(0) |

さざんか真上より 山茶花は(サザンカ)はツバキ科ツバキ属の常緑樹だそうです。
 
わたしには、椿との区別はつかいのだけども、花の時期が違うぐらいしかわからない。
冬が近づき、美しい紅葉が終わる頃、庭先に山茶花が咲き始める。どこか寂しい季節に、彩りを与えてくれる貴重な花です。
さざんか五分咲きサザンカの原種は白い花を咲かせるということをききました。今、身の回りで見られるのは、園芸品種で、白のほか、紅、桃、ぼかしなど濃淡さまざまで、花のかたちも一重、八重、千重、獅子咲きなど、大きさも直径10センチメートルを越える大輪から小さなものまで様々です。
紅葉の終わりに、寂しい気分のときに、まぶしい朱色
さざんか横よりの山茶花は心をあたためてくれますね。

クリック!<==ここクリックしてね!

【2005/11/23 15:28】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |

0f89f671.JPG京都知恩院。徳川家光が建てた浄土宗の知恩院。ここには、「忘れ傘」「抜け雀の襖」などの七不思議が伝わる。
御影堂正面の軒裏には、骨ばかりとなった傘がみえる。これが「わすれ傘」のいわれの始まり。
 左甚五郎が魔除けのために置いていったという説と、知恩院第32代の雄誉霊巌上人(おうよれいがんしょうにん)に御影堂を建立されると、白狐の住処がなくなるので霊巌上人に新しい棲居をつくってほしいと依頼したと言う。それをかなえてくれたお礼にこの傘を置いて知恩院を守ることを約束したとの言い伝えがある。
 その後、傘は雨が降るときにさすことで、火災からのお守りとして今日も信じられている

ランキングへ<==おもしろかったら、クリックしてね!


【2005/11/22 21:40】 | わたしの京都
トラックバック(0) |
5ec9cd11.JPGクリーンエネルギーの利用、自然の力をエネルギーにということで、いろいろなところで当たり前に見られるようになった。つらなる風車近くからみると、ゆったりとまわりながらも大きくてダイナミック、三本の羽でできているシンプルな構造、幼いときから人々が親しんでいるというフレンドリーさが、このようにあちこちでの普及につながっているのだろうか。





クリック!<==ここクリックしてね!
風車がいつの間にかこんなにできているなんてびっくりした。
昔、テレビのコマーシャルでどこかの国のだたっぴろい砂漠に数えられないほどの風車が立っている風景からは味気なさ、殺伐さを感じたもんだが、これが、近くで見てみると、これがすごい。まわりの景観にぴったりとしている。まったく自然にマッチしている。
側面より風車をみる1風車の羽風車の下では






太陽を受けて風車3  >ランキングへ<==ここクリックしてね!



追記を閉じる▲

【2005/11/20 16:26】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |

ふじりんご いい色になっているでしょ。
おいしそうでしょ。
きっとおいしんだよ。
 きのう、久しぶりにオフ。そこで、山形県米沢市に向かってきました。秋晴れで、紅葉が最高。盆地の山という山が赤い糸、黄色い糸、黄緑の糸、薄茶の糸で錦を織るという感じでした。
 そんな中こんなふうにリンゴも道ばたの畑に。すごいね。ふじりんごは最高

 

 

 

 

 


 この深紅の赤が、まわりの景色のワンポイントになっていました。今が旬の山形のりんごだそうです。
 クリック!<==ここクリックしてね!


【2005/11/20 15:46】 | 東北
トラックバック(0) |

みもすそ川公園の義経これが八艘飛びだ! 長門の国赤間が関の壇ノ浦で源平最後の決戦が行われた。
 屋島の戦いに勝利した義経は、水軍を組織して向かい平家は総崩れになったが、その中で一艘の船首に剛勇能登の守教経がいて戦いを挑んできた。
 船上で大力の男と組んではと判断した義経は、ひらりひらりと船から船へ飛び
教経をかわしたという。
この早業と跳躍力にはかなわず、さすがの教経も太刀や長刀をを海に投げ捨てたとか。

クリック!<==ここクリックしてね!

【2005/11/20 05:53】 | 義経伝説
トラックバック(0) |
柿食えば山に柿が実に見事に柿の木が山々になっていました。私は、果樹の畑があって、そこで整然と植えられて生産されていると思っていたのですが、なんと、山々の樹木として、多分、自然になっているのをみて、びっくりしてきました。
 ひょっとしたら、そのまま収穫されないで、小鳥についばままれてしまうのだろうか。もったいない感じもしますね。
 途中、干し柿をつくっている様子も見てきました。見事ですね。柿の甘いにおい
こうして干し柿ができるがする、まさにカーテンという光景でした。
クリック!<==ここクリックしてね!

【2005/11/12 23:47】 | 東北
トラックバック(0) |

白い菊黄色い菊cc365048.JPG 






 日本の華

 大輪や懸崖の菊花が満開。これは秋の風物と言って間違いない。今、あちらこちらで咲いている菊花が放つ香りは、日本のかおりとも言えるだろう。
 今は、たくさんの種類があって、花だけからは菊だとは分からないものも数多くある。しかし、ほのかに香るにおいから、菊だと分かる。そして、このにおいこそが日本人にはぴったりだと思うがいかがだろうか。

クリック!<==ここクリックしてね!


【2005/11/12 22:10】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |

紅葉が始まる紅葉が真っ盛り今年の紅葉の時期がニュースでよく報道されています。京都の紅葉が少し遅れているとか、しばらくは東北にて仕事が入っているので落ち着かないところです。
紅葉が遅れているのは、やはり地球の温暖化の影響であるといいます。秋の気温が高いと紅葉が遅れるといわれています。イロハカエデの紅葉は、この50年間で2週間も遅れているといいます。
紅葉がきれいに見られる条件は3つあります。紅葉した葉
   ①十分な日照(秋晴れが多いと美しい紅葉が見られる)
   ②冷え込み(気温差が美しい紅葉をつくる)
   ③適度な水分(紅葉した葉が枯れないように)
紅葉前線が日本列島の南の南のある地点では紅葉の終着点であるとともに、桜前線の北上を始める地点でもある地点があるそうです。なんともうらやましいところですね。1月ころ、そこを確かめてみたいと思っています。


 

クリック!<==ここクリックしてね!

【2005/11/09 20:29】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |
甘い柿ビニル袋で日本原産の柿は約1000種あり、そのうち約600種が渋柿といわれています。そして、いろいろな渋抜きがあるそうです。その中でも一番注目は、「樹上脱渋法」といわれています。名前も決まり「庄内 かきしぐれ」と流通するそうです。

1.樹上脱渋法(じゅじょうだつじゅうほう)
  木になっている柿のへたをだしたままビニルをかけ、固形アルコールでさわ
  すそうです。ゴマフリの甘い柿になるそうです。(早くたべてみたい)

クリック!<==ここクリックしてね!

【2005/11/07 23:04】 | 東北
トラックバック(0) |

 8b0118b7.JPG旅は駅から始まる。今まで何十年とアルバイトやフリーターのようにやってきたけど、今、ようやく忙しく動き回れるようになった。まだ、飛行機の身分ではないけどね。わたしは、駅のどことなく寂しげで、そして、リッチな気分にしてくれるところが好きだ。
 わたしは、駅の案内板をちらっと上目使いに眺めて、急ぎ足で駅を歩いている。ほんとうは、不案内なのだけども…。立ち止まったりはしない。ちょっぴり見栄っぱりになれる、そんな気分にしてくれるところがいいね。旅は…。京都駅案内標識

東京駅案内標識代々木駅は素敵

 

 

 

クリック!
<==ここクリックしてね!


【2005/11/06 20:43】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |

ライブドアは、デザインのテンプレートが一番充実しているし、現在も進化中です。だから、一番ブロガーが多いのでしょう。それは、2.1Gの容量を無料で貸してくれるように、太っ腹社長の熱意のお陰です。感謝です。ブログをいじくっていると、便利なんだけど、この便利なデザインの型にはめられてしまって、抜け出せないともがいている自分がいます。例えば、バックグラウンドの色をこうしたいとか、文字をこうしたいとか、そういうときは、自分でカスタマイズするといいようです。しかし、超・初心者ですから、…。そんなときにわたしは、次のブログを参考にしました。
 この囲みも参考にしていますよ!!

1キロバイトの素材屋さん
 0円のWEB素材屋さん
アメブロ作成支援 魔法のことば CSS編集&キャラ弁公開中
ブログの玉手箱
無料ブログパーツを設置しよう ブログパーツ設置の小技
うっちいの音楽箱!フリーMIDI 
フリーBGM Music With Myou
ライブドアブログリンク集
とほほのWWW入門
Webページ作りのお勉強
あものHTML
HTML小技集


ランキングへ<==ここクリックしてね!


【2005/11/03 05:42】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |

5af1e7fe.JPG仁和寺の四季
仁和寺の春で超有名なのは、この御室桜!!
背丈が低いので真横から眺める桜、奥には五重の塔の風景。このアングルが最高か。御室桜は4月の中旬から末にかけて、ソメイヨシノよりだいぶん遅い。


しだれざくら
仁和寺の春は桜が一番似合う。このしだれ桜は、お寺の一番奥にあり、たくさんの人がカメラでねらっていた。もちろんこの寺院も世界遺産に登録されている。


仁和寺の秋
紅葉も始まってきている。

               クリック!<==ここクリックしてね!

仁和寺の春の様子をみてみよう。
やえ桜五重の塔を下から巨大な二王門、京都でも一二位を争う巨大な金剛力士像がすごい。
江戸時代に建造。仁
和寺は、いつでかけても観光客でにぎわう。開花が遅いことで知られる御室の桜は見逃せない。
五重の塔さくらがきれい!







 


追記を閉じる▲

【2005/11/03 01:58】 | わたしの京都
トラックバック(0) |

酒田市章1.酒田市
 新「酒田市」の頭文字「S」を骨格として、日本海を表す青と、庄内平野・鳥海山を表す緑の空間の中で、最上川の流れに見立てた4本の波(1市3町)が未来に向けて羽ばたく様をデザインしている。
 *わたしは、以前に合併成立したある新市の市旗を購入したいがどうしたらいいのか、その市の事務室に問い合わせをしたことがある。結果は、市章は間もなく決まる。市旗ももうじきできあがるということだった。
 今日誕生した7つの市はどうか、HPを参考にして調べてみた。それぞれの市の合併に至るまでの様子・事情がここから見て取れる様な気がする。



会津若松市章2.会津若松市
  昭和2年4月26日制定 
  明治戊辰の戦役でその名を馳せた会津藩の旗印や、白虎隊士など会津藩士の肩章として使われていた「會」の字をデザイン化したもので、会津若松市の歴史と伝統の重みを表すとともに、市民の調和を象徴しています。(従来のを使うと思われる)




射水市章3.射水市
 射水市の市章は、射水の頭文字「い」の字のデザイン化したもので、輝く日本海を表現しています。市章選考審査会では、(1)射水の「い」をベースに水滴をイメージできる。(2)循環するイメージの中で持続可能な発展性が見て取れる。ことからこのデザインが選考されました。第29回協議会で委員の意見を聴き、5市町村長が決定しました。


高岡市章4.高岡市
 「高」をモチーフにした、生き生きとした人の姿や自然と人の光り輝くまちをイメージし、市の活気と躍動を表現した作品です。






甲府市章5.甲州市
   地域の歴史と産業を考え、武田菱と光に輝くぶどうの実をデザインした




伊勢市章6.伊勢市
作品の趣旨は「『ISE』の文字をモチーフに、伊勢神宮の森や伊勢平野の見渡す青空を緑色と青色で表現したもの。中央の『S』の文字で勢いの良さをアピールし、新市の発展を願ったもの。」ということです。(実際はカラーである)




7.熊野市
  10月14日に応募を締め切ったので、まだ、決定していないと思われる。

ランキングへ<==ここクリックしてね!


追記を閉じる▲

【2005/11/01 20:51】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。