こちら庄内平野ど真ん中の人間。庄内の自然豊かで芳醇な文化、人々の暮らしを気ままにつづっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 庭石の片隅から「ヒトリシズカ」が顔を出していた。昔、静御前が吉野山での舞の姿の美しさにちなんで名付けられたと聞いている。
 もう一つ、朝から騒がしくかん高く「キュンキュンキュン・・」と。シジュウカラがつがいで遊んでいた。これから開花する八重桜のつぼみをさかんについばんでいた。
ヒトリシズカ

シジュウカラ


スポンサーサイト

【2007/04/21 17:57】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |
 いよいよ開花が近い。
 我が家のさくらのつぼみも一気に膨らませている。

つぼみ

まもなく開花

今週末が見頃


【2007/04/10 01:39】 | 東北
トラックバック(0) |
 大阪に春の到来を告げる「桜の通り抜け」が、大阪市北区の造幣局で始まっている。明治16年の1883年から続いている行事で、今年は暖冬の影響で史上最も早い開催で、ちなみに昨年より1週間早い通り抜けとか。
 南門から北門まで遅咲きの八重桜を中心に124品種、370本の桜があり、今年の桜は「松月(しょうげつ)」で、これから淡い桃色の花を開かせる。


 

この記事と写真は、娘から送られてきたものです。




案内

桜並木

にぎわい

【2007/04/07 17:05】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |

有名なしだれ

にぎわいぶり

ほんとうにキレイ

迷いそうなにぎわい

 八坂神社の奥の円山公園は、京都で最も有名な桜の名所の1つ。園内には850本もの桜があり、昼夜を問わず花見客で大賑わっている。
 巨大なしだれ桜は特に有名で、あまりの美しさには言葉を失うほど。
 ここは、普段でも大賑わい。特にこの時期は、外国人パフォーマーがパントマイムや、ギターの弾き語りをしてくれたりしていました。園内はたこ焼、お好み焼き、やきそばなどあらゆる種類の露店が出ているので、あれも食べたいとしおそられっぱなしでした。
 日本のお花見が楽しめるところという感じでした

(この記事と写真は、特派員の娘から送られてきたものです。)


【2007/04/06 05:53】 | わたしの京都
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。