こちら庄内平野ど真ん中の人間。庄内の自然豊かで芳醇な文化、人々の暮らしを気ままにつづっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 月食の写真にチャレンジ。腕も悪いし、カメラも悪いし、シャッターがうまくきれなかったな。
 この写真は、終盤に入った8時30分ころのものです。
 皆さんの所からはどのように見えましたか?
みごと皆既月食

スポンサーサイト

【2007/08/29 21:01】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |
 かつて秋田県象潟(現在のにかほ市)は、鳥海山から噴出した泥流が海水の浸食で削られ、入り江状の潟に大小の島々が浮かんで、日本三景のひとつの松島と同様に風光明媚なところと言われていました。
 その様子が、松尾芭蕉が記した奥の細道には次のように記されています。

江の縦横一里ばかり、おもかげ松島に通いて、また異なり。松島は笑うがごとく、象潟は憾むがごとし。寂しさに悲しみを加へて地勢魂を悩ますに似たり。
  象潟や雨に西施がねぶの花
  汐越や鶴脛ぬれて海涼し



 ところが、芭蕉の訪問から120年余りのち、推定でマグニチュード7.1の「象潟大地震」で地盤が2.4mも隆起して、天下の名勝は一夜にして陸地になってしまったのです。
 潟は失なわれて、今では田植え前、水の張った水田に写る島々や写真のように上空よりの写真に、当時の姿を見ることができます。
今の九十九島

tukumo
   下の写真は、にかほ市の観光課より借用

【2007/08/26 07:37】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |
 佐賀北が夏の甲子園で全国制覇を成し遂げた。
 
 開幕試合に福井商と対戦し2-0で勝ったものの、決勝戦までたどり着き、よもや優勝までできるとは、正直思っていませんでした。だって、スタンドで観戦していても、守備もどこか地に足がついていないというふうに見えたし。

 それが、延長戦、引き分け再試合、粘りでシーソーゲームを制したりと甲子園で、数々の緊張と感動を国民に見せてくれました。

 佐賀北 日本一 おめでとう。
写真は「時事通信」様より借用


【2007/08/23 06:11】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |
 清水で、義経と弁慶は読経合戦や武芸の競い合いを舞台でやったという言い伝えが残っています。

【2007/08/19 17:33】 | 義経伝説
トラックバック(0) |
 熊谷市は、暑さ日本一を売りにしています。それが、今回、実質ともに晴れて日本一!ということで、念願がかなえられた記念すべき日になったわけです。

第1位 岐阜県 多治見市  40.9  (2007年8月16日)
 〃   埼玉県 熊谷市   40.9  (   〃   )
第2位 山形県  山形市   40.8 (1933年7月25日)
第3位 和歌山県 かつらぎ町 40.6 (1994年8月8日)
 〃   静岡県  天竜市   40.6 (1994年8月4日)
第4位 山梨県  甲府市   40.4 (2004年7月21日)


 ラニーニャ現象とかいろいろ言われていますが、熊谷は、都心の熱波が南風に乗ってやってくる「ヒートアイランド現象」やら秩父の山を越えた西風が「フェーン現象」で乾燥した空気が流れ込んでくるという条件が重なっているからこうも暑くなると言われています。




【2007/08/17 01:24】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |
 みなさん、猛暑日の毎日ご苦労様です。
 わたしも、暑いところ歩いていました。

 4日に京都へ出発して、途中甲子園で高校野球観戦、そして、また京都へもどり、その後、娘の引越しのために大阪の高槻界隈を2日ほど歩いてきました。そして、12日から13日に日付が変わるあたり帰宅したところです。今年は、10年ぶりぐらいの長い夏休みでした。

 高槻の物件は安くないのでびっくりです。JR駅前で安い物件があったりするのですが、土地勘がなく不安で今回決めないで戻ってきました。再度、1月に物件探しに参ります。なにか情報があったら教えてくださいね・・。

【2007/08/13 00:54】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |
 今年の開会式の始球式ピッチャーは、だれかな?と、妻と話を弾ませていた。「よっとしたら、藤原紀香かも・・」などと。

 実際は、夕張高校野球部小湊主将が今年の始球式を行った。

 足早にマウンドに上がると、1球を真ん中へ直球を投げ込んだ。彼には、まだ甲子園に挑むチャンスはあるのだが、そのときがもしも叶わないときの分も味わうかのように、ゆっくりと振りかぶり渾身の玉をミットへ。受けた福井商のキャッチャーがマウンドに駆け寄り固い握手をかわすと、万雷の拍手が球場に響いてきた。
 妻は汗とも涙とも知れぬものが頬にしたたり、首のタオルで思わずぬぐっていた。
始球式

(おなじみの始球式用の玉が上空より投下。携帯で撮影、ピントがあまいな)

【2007/08/09 05:31】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |
 明日から、夏の高校野球が甲子園で開幕です。

 わたしには、今ままで夏の高校野球の応援に、甲子園へ出かける機会が一度もありませんでした。しかし、妻は、長男・長女の高校が甲子園に出場するときに便乗させてもらって行っていますので、我が家では、わたしだけ高校野球の応援体験がありませんでした。

 偶然にもこの開幕時にこちらにいるので、甲子園に足を伸ばしてみることにしました。今日は、娘の住んでいる大阪へ移動します。そして、明朝、甲子園に入ります。
 開会式第1試合(佐賀北VS福井商)を観戦予定です。
 どんな開会式になるか、どんな熱戦が繰り広げられるのかワクワクしています。

【2007/08/07 05:42】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |
 今日の天気は昨日より青空が広く広がっています。うっすらと雲がかかっています。しかし、昨日と違うのは、風を肌で心地よく感じられることでしょうか。もちろん、歩けば、それなりの汗が流れてきます。
 
 今日は、世界遺産の「上加茂神社」へ妻と散策してきました。聞くところによると、平安京以前より都に鎮座してきた神社で、なんとも古い歴史がある神社。

ほととぎす 声待つほどは 
  片岡の 杜のしづくに 立ちや濡れまし   紫式部


 紫式部が、上加茂神社(山門入り口の片岡神社)に立ち寄ったのだろうか?小川のせせらぎが静かさと涼を際立たせているこの風情こそ、式部を待ってみようかしらとさせた情緒溢れる杜が広がっているのでした。

 帰りには、北山通りへ出て、ブランドショップやオープンカフェの店や雑貨の店を眺めながら、今日の私たちの観光も午前中で打ち切りにしました。

 さらに、京都の繁華街の四条河原町まで足を伸ばしました。そして、買い物を終えて帰路のバスを待っていたところ、お目当てのバスがバス停に着いたのですが、乗り口を開けないで、前方の出口から全員の客を降ろしているのでした。降ろされてきた客の会話から分かったことは、バスのエアコンが故障して、全員が強制的に降ろされたとか。バスも悲鳴をあげるほど、今日もやっぱり暑い京都でした。

【2007/08/06 13:10】 | わたしの京都
トラックバック(0) |
 昨日から京都に来ていました。
 そして、今、本当に久しぶりにブログに向かっています。
 
 中越沖地震以来の更新です。
 私のような東北人が京都に電車で向かうときは、青森始発-大阪着の特急日本海を利用します。これは寝台列車です。夜に乗り込み寝台で寝酒を飲んでごろんと寝て、朝になると京都に着いているというので、旅の情緒たっぷりの電車です。
 ところが、この日本海号は、地震の影響から8月いっぱいは運休なんだそうです。ということで、今回は、東京にいったん出て、新幹線に乗り換えてで京都に到着です。

 昨日も今日もこちらは暑いです。昨日は、昼過ぎに着いてこれからしばらくお世話になる部屋を妻とやはりこちらに住んでいる長女と3人で掃除。
 今日は、朝9時に妻と二人で、清水寺六波羅蜜寺を散策してきました。涼しい午前中の半日コースです。それでも清水の坂はきつい。汗でべとべとになったシャツ。清水舞台から眼前に広がる絶景を眺めながら涼んできました。なんと至福の時間だったことでしょうか。
 そのあと、近くの六波羅蜜寺に向かい、歴史の教科書でしか見たことがなくて、長年の夢だった空也上人像と対面。口から6体の仏像を吐くなんとも不思議な像ですが、人々に仏法をとき癒して歩いた「市の聖」の生き様にすがすがしを感じました。

【2007/08/05 15:47】 | わたしの京都
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。