こちら庄内平野ど真ん中の人間。庄内の自然豊かで芳醇な文化、人々の暮らしを気ままにつづっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 大急ぎで東京・本社へ行ってきました。
 早朝に出かけ、帰りはいつもの寝台特急で先ほど、帰宅しました。

 いやあ、驚いたな
もう、桜の花がきれいに咲いていましたから。
 いつの間に咲いていたの?、という感じでした。
忙しかったから、桜の開花を思う余裕がなかったんだな・・・。

 皆さんのところは、桜は、もう咲いていますか。
 こちら東北はこれからというところです。
東京は春だったです。みんな軽快な装いで歩いていました。

桜前線の北上とともに、春がやってまいりますね。

皆さん、コメントとともに、応援もお願いしまーす
ぽちっとありがとう
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

【2008/03/30 06:20】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |
今日、今度の勤務地に行ってきました。

そして、事務の引き継ぎを受けました。

社内の雰囲気がおかしいんだな。暗いんだな・・・。


約1時間半の引き継ぎが終わり、わたしは、妻にメールを打っていました。

俺は、あんなところに行きたくない」と。そうしたら、すかさず、返信があり、

お父さんなら大丈夫。やっていけるよ。」だって、何も事情もわかなんくせにさあ。

関係者に送られて会社を出るとき
ただ一人、前に一緒に勤務したことある女の子が追っかけてきて
あすとろさん、よろしくー。」だって。彼女のにこやかな笑顔が唯一の救いでした。

やっていけるかなーーー。

明日は、送別会の日。おもいっきり愚痴ってこよう。

皆さん、こんなあすとろに、応援をお願いしまーす
ぽちっとありがとう
ブログランキング・にほんブログ村へ

【2008/03/27 19:35】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |
 転勤に伴って、いっぱい激励やら同情やらを頂戴して恐縮です。

 いよいよ、明日は後任の方との引き継ぎです。
明後日は、新任地へ出かけてわたしがいろいろ教えてもらいます。どきどきします。
今度の上司とは面識がないので、すごく不安です。
 明明後日は、送別会をしてくれるということでした。
わたしはご招待ということですが、やはりただでは行けませんから、
お世話になった支店の皆さん一人ずつに、転勤には定番のハンカチを贈ります。妻が準備してくれました。
080325_2122~0001


 前回の転勤の時は32人分のハンカチで大変でしたが、今回は12人分で助かった、と妻が大喜びです
ちなみに今度の支店は、わたしも入れて16人ということです。

転勤で、昼も夜もぱたぱたしているわたしに、同情のポチポチ応援をお願いします
ぽちっとありがとう
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

【2008/03/25 21:50】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |
 みなさん、しばらくぶりです。
 驚いています。まだ、4年だから、もう2年ほどはと思っていたところ
 何の前触れもなく、呼ばれて・・・・・・。
 「転勤です。」

 思わず、
 「えー、ほんとですか?」と。

 今までと同じ東北支局エリアです。
 今度は海、川に近くなり、城下町のようなところのようです。まだ、詳しくは調べていませんけどね。

 これからの日程は、支店地域への挨拶回りとか、わたしの後任の方と、その翌日には、新任地へ赴いて引き継ぎとか、そして、東京本社へも挨拶に伺ったりと、そうそう、送別会もしてくれるとかです。

 忙しいですね。お金もかかりますよ。引っ越しもしないといけませんね。
 4月1日には、新任地へ赴任できるでしょうか?

今まで、転勤は何度もしているけど、
いやですね。うまくまわりにとけこめればいいのですが・・、不安いっぱいです。

是非、そんなわたしに、ポチポチ応援をお願いします
ぽちっとありがとう
ブログランキング・にほんブログ村へ

【2008/03/22 18:24】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |
 都営浅草線に「泉岳寺」っていう駅があった。

ひょとして、ここはあの赤穂浪士の菩提寺があるのではと、急遽降りてみた。

 やはり、そうみたい。

駅舎内のトイレ入り口そばの壁面には義士名の額を見つけた。

 



そして、泉岳寺山門の天井には、「江戸三龍」のひとつ、銅彫大蟠龍がはめ込まれていた。
IMG_4245_R.jpg

IMG_4247_R.jpg


あと二つの龍は、どことどこにいるのか調べて、機会があったら是非眺めてみたい。

  本日のご訪問ありがとう。

是非、ランキングに、ポチポチ応援をお願いします

ぽちっとありがとう
ブログランキング・にほんブログ村へ


【2008/03/17 04:33】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |
 京都、豊国神社の隣に建つのが方広寺で、秀吉が奈良東大寺の大仏殿を模して建てたものです。
でも、大仏も大仏殿もありませんでした。何度かの災害などで再建されては失われたと聞いています。
今は、豊臣家を滅亡させる口実となった問題の大鐘が残っているのみです。

 この大鐘、家康が秀頼と淀君に勧めて再興させて大仏とともに鋳造したものですが、そこに刻まれた「国家安康 君臣豊楽」の銘が「家康の名を2分して国安らかに豊臣を君として子孫繁栄を楽しむ」意味だと家康を怒らせ大阪冬の陣が起きるきっかけとなったものです。

 結局は、家康の謀略にはまってしまったのでしょうね。

 今は豊国神社の片隅にひっそりとありながら、日本の歴史の転換を演出した鐘楼を確かめようとするたくさんの見学者に囲まれていたのが印象的でした。



IMG_3980_R.jpg

 わざわざ、そこだけ囲ってくれているのが、またおもしろいですね。

そして、今日も、わたしの順位をご確認ください。

ぽちっとありがとう
ブログランキング・にほんブログ村へ



【2008/03/14 02:36】 | わたしの京都
トラックバック(0) |
 毎週、楽しみにしているNHKの大河ドラマ「篤姫」。そして、江戸東京博物館(両国)で「天璋院篤姫展」が開かれているというので、出張からの帰り際に立ち寄ってきました。
 それはもう大変な混雑で、ところどころはしょりながら、大急ぎで回ってきたのです。



 徳川13大将軍家定の正室になった女性でもあるから、現代で言うところのファーストレディの篤姫
「篤姫」では、宮崎あおいさんの演技で盛り上げているが、激動の幕末で活躍した人物はある程度知っていたが、大奥の女性もその中の一人だったとは正直言って知りませんでした。

 前日の夜、一人で暇だったのでたまたま飛び込んだ映画館で見た「陰日向に咲く」にもあおいちゃんが出ていたなあ。

 篤姫は、薩摩・島津家のわずか一万石の分家に生まれながら、将軍の正室にまでなるのだから、シンデレラみたいなもんですね。
 しかし、夫の急死。すぐに起きる将軍の跡継ぎをめぐる幕府内のかけひき。さらには、篤姫の故郷薩摩を中心とした反幕府運動の激化。篤姫は大奥を預かる総帥として、明治維新の動乱の中、江戸城に迫りくる西郷隆盛ら薩摩藩を中心とした新政府軍に働きかけるなど、無血開城の実現にも大きな役割を果たしていることも知りました。

 内外からの圧力がかかる中での波乱の人生、
女の道は、前に進むしかない、引き返すのは恥でございます。」
という名言がなんともすばらしいですね。

ぽちっとありがとう
ブログランキング・にほんブログ村へ



ランキングに応援ください。


 


【2008/03/09 03:10】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |
築地を歩いていたら、「築地本願寺」という案内板が見えてきた。
新大橋通りを歩き、晴海通りを渡ってしばらく行ったところに、それらしき空間が広がってきた。
それらしきというのは、確証がもてなかったからだ。日本人が普通に思っている寺院とはほど遠い景観がそこには、広がっていたからだ。


IMG_4228_R.jpg




なぜインドの仏教寺院を思わせる建物が、この地に?
違和感たっぷりの景観に驚きのまま中へ・・・。中へ入ると、今度は西洋の教会のように椅子が並んでいた。
設計は伊東忠太氏。昭和初期の設計とか。
京都の西本願寺の別院として建てられたそうだが、お寺のイメージとはほど遠いので、ただただ驚いてしまった。

ぽちっとありがとう
ブログランキング・にほんブログ村へ



ランキングに応援ください。



【2008/03/06 23:43】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |

築地を歩いていたらこんな看板を見かけました。

築地市場が、豊洲に5年後に移転することが都議会で決定しているらしい。
しかし、ここ場外市場は、移りませんよ、というアピールのようです。

移転のねらいは何なのかは、都民でないのでわかりません。


IMG_4232.jpg




でも、なんでもかんでも新しくすればいいものでもないように思います。
東京のど真ん中に、
こんな庶民のくらしと密着した場所は、是非残してもらいたいと思いました。
IMG_4221.jpg


ぽちっとありがとう
ブログランキング・にほんブログ村へ



ランキングに応援ください。


【2008/03/06 02:58】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |
 築地市場へ行ってみたいと思っていました。
 最近、テレビなどで場外市場が脚光を浴びていますからね。
 
 近くまで来ていたので向かってみました。

 通りは、かなりの人が出ていました。
 築地市場駅より新大橋通りに沿って歩いて行てすぐに目に入ったのが、庶民的な昔ながらの屋台店で、どんぶりものをいただくための長蛇の列でした。
 
 わたしは、時間もなかったので、ホテルで食べる酒の肴を探しました。

 見つけたのは、 「富山湾の宝石」とか「海の貴婦人」とも呼ばれている白エビの乾き物。
 結局、これ1つで、2泊したホテルで帰りの電車の中で、自宅に戻ってからもつまんでいましたのでお得な買い物でした。

 どうですか。貴婦人のような品のあるエビでしょ。
試食したところ、さっぱりした味で、これはいけるということで、1パック1050円でしたが奮発しました。


 もっと写真をアップしたいのですが、ビスタにちょっと手こずっていて、今日はこの写真一枚です。

そして、今日も、わたしの順位をご確認ください。

ぽちっとありがとう
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

【2008/03/04 01:19】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |
 無事に(?)お得意様との交渉ごとやら視察を終えて、東京駅にもどったのは電車発車時刻2時間前。
 一人でゆっくりしたいと思い、駅の中に昭和気分をさそうお店をみつけたので、そこで一息をついたところでした。
 帰宅後のパソコンのセッティングを考えてホッピーをグッとやっていました。
080302_1355~0002

080302_1357~0001
 

そして、今日も、わたしの順位をご確認ください。

ぽちっとありがとう
ブログランキング・にほんブログ村へ

【2008/03/03 06:52】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。