こちら庄内平野ど真ん中の人間。庄内の自然豊かで芳醇な文化、人々の暮らしを気ままにつづっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 足利義満が穏棲所、北山殿として造営。義満の死後、義持がもの鹿苑寺と命名。初層が藤原期の寝殿造、第2層が鎌倉期の武家造、第3層が唐様式仏間と各時代の様式を独創的に折衷されお釈迦様の骨をまつった3層の舎利殿が室町時代から金閣と呼ばれています。この金閣と鏡湖池を中心に広がる池泉回遊式庭園は、北山文化を象徴する造りとなっています。義満は造園にあたり、希代の見物といわれた名木、名石を諸大名から集めさせたということです。最初の金閣は、昭和25年、同寺の一僧の放火により全焼。昭和30年に復元され、62年には金箔の張直しも行われています。

金閣2金閣3金閣4

 

 

 


 金閣を中心とした庭園・建築は極楽浄土をこの世にあらわしたと言われ、後小松天皇(一休禅師の父)をお招きしたり、文化の発展に貢献したところで、この時代の文化を特に北山文化と言います。
 京都で一番の人気は、金閣でしょう。’94年に世界遺産にも指定されました。わたしの知り合いは、このようにPCのデスクトップにしています。(わたしではありませんから)金閣PC                                               

ランキングへ<==ここクリックしてね!


追記を閉じる▲

金閣2金閣3金閣4

 

 

 


 金閣を中心とした庭園・建築は極楽浄土をこの世にあらわしたと言われ、後小松天皇(一休禅師の父)をお招きしたり、文化の発展に貢献したところで、この時代の文化を特に北山文化と言います。
 京都で一番の人気は、金閣でしょう。’94年に世界遺産にも指定されました。わたしの知り合いは、このようにPCのデスクトップにしています。(わたしではありませんから)金閣PC                                               

ランキングへ<==ここクリックしてね!

【2005/10/26 19:45】 | わたしの京都
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。