こちら庄内平野ど真ん中の人間。庄内の自然豊かで芳醇な文化、人々の暮らしを気ままにつづっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かぶせ茶」とはよく聞く。
茶畑に日覆いをすることからこの名が付いている。
かぶせ茶製法的には玉露と同じだが、覆っている時間が違う。被覆することにより、新芽の硬化も遅れて、被覆茶葉は柔らかく粉になりやすいので蒸しには気を使うそうだ。
そして、味の方は、日覆いすることにより茶葉の光合成の作用が高まり葉が大きくなり、葉緑素も増えるので濃厚な緑色で、お茶の旨味に富んでいる。

    クリック!<==ここクリックしてね!

【2006/01/09 21:22】 | わたしの京都
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。