こちら庄内平野ど真ん中の人間。庄内の自然豊かで芳醇な文化、人々の暮らしを気ままにつづっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


の歴史はとても古く、中国へ渡った修行僧によって伝えられた。肉食を禁じていた禅僧にとっては、貴重なタンパク源で、江戸時代になると、町衆の間でも食べられるようになり、食生活に欠かせない存在となった麩は、日持ちする焼き麩の登場により全国に広まった。
 今、特に注目されているのは、「グルテン」と呼ばれる小麦を水で練ったもの。これは上質の植物性タンパク質で、脳の発達を促すともいわれている。健康食としても高く評価されている。まさに健脳食として魅力の食品といえるでしょう。 
京都でつくられる麩は「京麩」と呼ばれ、京の名産品として広く知られている。京都市内には麩屋町通という地名が残っ
ているほど。その理由のひとつは、寺院が多かったことと、お茶などの懐石料理によ通りにも名前が残るく使われていたからだ。そしてもうひとつ忘れてはならないことは、京の水が、お酒や野菜、豆腐などと共に、美味しい麩も育んできた。
 
 うめの花の形をしたなま麸細工麩は、模様のひとつひとつ全てが職人さんの手で細かく作りあげられて、昔ながらの確かな製法と技によって、素材の持ち味を最大限に引き出す。熟練した丹念な技によって始めて可能になる。3百余年の歴史を持つ「半兵衛麩」(五条大橋東南側)では、契約農家より小麦や餅米を仕入れ独自のうまさや風味を維持してきている。

●うめ麩(1本・60g) 294円
●笹巻麩まんじゅう 抹茶(10個入)  1,890円


是非、二つとも応援ください。








【2006/02/28 06:28】 | わたしの京都
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。