こちら庄内平野ど真ん中の人間。庄内の自然豊かで芳醇な文化、人々の暮らしを気ままにつづっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪解けを待っていたかのように顔を出す春の使者。春を告げる使者「ふきのとう」。独特の香りとほろ苦さが春の息吹を感じさせ、山菜特有の苦味が、冬の間さび付いた体にはとても有効である。
独特の苦みはからだに効く
庭を歩いてみたら、4つぶほどかわいく土から顔を出していた。
春の皿には苦さを盛れ」と言う。 ふきみそにして食べてみたら、たまった脂肪を流し引き締めてくれて、1年のスタートができそうな感じになってきた。
 さあ、しめくくりをして、4月のスタートに向かおう。


是非、二つとも応援ください。








【2006/02/26 15:36】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。