こちら庄内平野ど真ん中の人間。庄内の自然豊かで芳醇な文化、人々の暮らしを気ままにつづっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 昨日から東山花灯路(はなとうろ)が始まった。
北は青蓮院から南は清水寺まで、ほのかなあんどんの光で照らされていた。日中とはまたひと味違う東山散策が楽しめて趣がある。石塀小路もこの通り
 寺院、神社をはじめとする歴史的な文化遺産やまち並みが、日本情緒たっぷりに闇に浮かび上がる幻想の和の世界。通りは「灯り」と「花」で演出され、「安らぎ」と「華やぎ」が京の早春の彩りを感じる。情緒あるあんどんがつづく
 和小物のお店をのぞいたり、甘味でほっとひと息ついたりしながら、ゆっくりそぞろ歩きが似合う。高台寺公園では芸妓さん舞妓さんの踊りやミニライブなどの催しも行われていた。
 青蓮院~清水寺まで、東山山麓に連なる約4.6㌔の散策路に、2,400基ものあんどんが並ぶ。
 風情あふれる東山で、ロマンチックな春の宵を味わうのは贅沢の極みである。東山花灯路は3月21日(春分の日)まで行われている。

今が正念場。がんばります。








おこしやす京都花灯路


【2006/03/12 13:24】 | わたしの京都
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。