こちら庄内平野ど真ん中の人間。庄内の自然豊かで芳醇な文化、人々の暮らしを気ままにつづっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 紫野にある今宮神社に行ってきた。ここは、わたしが京都での長逗留先からのウオーキングコースの途中にある。大徳寺の境内をゆっくりと歩き、そこから今宮神社まで歩く。ここは、平安時代より疫病除けのご利益がある神社として知られている。
 神社の東の参道には古くから「あぶり餅」を食べさせてくれる2件の店がある。中央の石畳では客引きはしないという申し合わせがあるとか
 参道の左に「一和」さん、右に「かざりや」さん。この2軒の店の客引きをくぐり抜けなけなれば通ることができないところである。この客引きをきらう人がいるが、上品で強引なものではないのでわたしはそう気にはならない。「寄っといてやす、あぶり餅どっせ
 両店とも一品を売るために互いにしのぎをけずりあってきた。「一和」は「元祖・正本家」を名乗り、「かざりや」は「本家・根元」を名乗り千年の歴史があるとか。日本で一番古い和菓子と言える。
 あぶり餅はどちらの店も15本500円で、もちにきなこをつけて炙って白みそタレ
メニューは他には一切無く営業時間も定休日も同じとか。お持ち帰りもできるということだが、あたたかいうちに食べるのが一番おいしい食べ方のようだ。
さて、どちらのお店が美味しいのか・・・。それは、皆様の判断にお任せしたい。


今が正念場。がんばります。








【2006/03/19 19:16】 | わたしの京都
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。