こちら庄内平野ど真ん中の人間。庄内の自然豊かで芳醇な文化、人々の暮らしを気ままにつづっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琴引浜」(京都府)、「琴ヶ浜」(石川県)、「十八鳴浜」(宮城県)は鳴き砂で有名な浜である。
きれいな砂浜がつづく
砂浜をすり足で歩くと”キュッキュッ”と鳴ることから「琴引浜」と呼ばれ、たいへん美しい名前がついている。昔から「琴弾浜」や「琴曳浜」などとも書かれ、鳴き砂の音を琴の音にたとえて聞いたことから名付けられた。保護運動、啓発活動も活発
 鳴き砂は、石英の砂の粒同士がこすれあい振動しあって音が出るので、砂がきれいであることが必須の条件である。また、この浜の中ほどの岩場付近は、足踏みをすると地下の岩盤にこだましてドンドンと太鼓をたたく音がするため、太鼓浜(たいこばま)とも呼ばれているところもある。
 鳴き砂のメカニズムは、粒ぞろいである
粒ぞろいの石英質の砂に、急激な力が加えられたときの摩擦によるきしみの音である。また、構成する砂粒の大きさもほぼ同じで、全体に丸みを帯びていないと鳴らない。そして、少しでもゴミが混ざっていてはいけない。
 春先にはいい音がするというので、出かけてみた。冬の荒波できれいに洗われた砂から聞こえてくる音は、砂がこすれ合う音には聞こえないないから不思議な気分になる。
 鳴き砂で有名な砂浜は全国でも20カ所ほどあるが、「琴引浜」だけが「全国白砂青松百選」「日本の音風景百選」「日本の渚百選」の三つの百選に選ばれている。

 戦国時代の武将細川幽斎(田辺城主)や、その子忠興の妻ガラシャが"琴引浜"や"太鼓浜"を和歌に詠んでいる。
 ◇細川幽斎
 「根上りの 松に五色の 糸かけ津 琴引き遊ぶ 三津の浦浜
 ◇細川ガラシャ
 「名に高き 太鼓の浜に 聞く秋の 遠にも渡る 秋の夕さめ



今が正念場。がんばります。






【2006/03/31 05:42】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。