こちら庄内平野ど真ん中の人間。庄内の自然豊かで芳醇な文化、人々の暮らしを気ままにつづっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六波羅蜜寺ここ、京都の六波羅密寺では正月の3日間は、空也上人が悪疫退散のために献じたお茶にちなんだ皇服茶(おうぶくちゃ)弁財天初稲穂が、3000名に無料で授与される。

これは、空也上人が京都に疫病がはやったときに、薬湯を病人に飲ませ病気を平癒したという故事にちなんで、元旦に汲んだ若水で茶を点て、小梅と昆布を入れた皇服茶皇服茶おまもりのお札もついて300円という手頃さからたくさんの参拝者で賑わっていた。

 

クリック!<==ここクリックしてね!

【2006/01/06 03:10】 | わたしの京都
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。