こちら庄内平野ど真ん中の人間。庄内の自然豊かで芳醇な文化、人々の暮らしを気ままにつづっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 東山八坂神社の裏手、多くの観光客で賑わう円山公園で、ひときわ目を引く洋館がある。現在はホテル、喫茶、レストランとして使用されている「長楽館」。
 「長楽館」は、明治時代の実業家で「タバコ王」と称された村井吉兵衛の京都別邸として建設された。
 外観はルネッサンス様式を基調にしていて、1階部分が石張り、2階及び3階部分がタイル貼りになっている。
 室内の家具は、輸入されたもので当時のものがそのまま残されているという。豪華な調度品
 1909年に、京都円山公園に、吉兵衛私財を投じて完成させた「長楽館」は、国内外の来客をもてなすための京都迎賓館であった。
 京都の迎賓館として華やかな集いの場となっていた「長楽館」の名前の由来は、伊藤博文が完成したときに滞在し、窓からの眺望に感銘し、遍額に「長楽館」と記したことに由来する。村井吉兵衛
 当時、実業家として村井吉兵衛がどれほど名を馳せた人物だったのかというのは「長楽館」への著名な訪問客の名前を見ると容易に想像できる。
 英皇太子ウェールズ殿下米副大統領フェアーバンクス米財閥のロックフェラーも滞在し京都を満喫し、さらには、山県有明大隈重信等が挙げられる。セレブな気分を味わえる
 1986年には、京都市指定有形文化財に指定されている。
 喫茶ルームでは、コーヒー、紅茶は600円からで、ケーキは400円でセレブな気分が味わえる。評判のアフタヌーンティーは要予約。

【2006/05/20 22:01】 | わたしの京都
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。