こちら庄内平野ど真ん中の人間。庄内の自然豊かで芳醇な文化、人々の暮らしを気ままにつづっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 瑞巌寺は、天長5年(828年)、慈覚大師円仁によって創設された奥州随一の禅寺で、伊達政宗公の菩提寺である。
国宝瑞巌寺の案内

青葉城の政宗公像

 現在の建物は、、 政宗公が5年の歳月をかけて桃山様式の粋を集めて、慶長14年(1609年)に完成させたものである。
 建築にあたっては、 諸国から名工130人を集め、桧、杉、欅の建材を熊野に求め、京都の根来の名工を集め5年がかりで完成させるなど、奥州の覇者としての意気込みが感じられる。  
 日本的な自然をモチーフにした唐戸や欄間、あるいは襖や床の間の豪華な障壁画は、美の極致に達する作品と言え、政宗公が心血を注いだ荘厳な大伽藍と言っていいでしょう。

 十一日、瑞巌寺に詣(もうづ)。
 ……雲居禅師(うんこぜんじ)の徳化に依りて、七堂甍(しちどういらか)改まりて 金壁荘厳(こんぺきしょうごん)光を輝、仏土成就の大伽藍とはなれりける。  (松尾芭蕉 「奥の細道」)


上段の間の「梅竹図」
と、芭蕉によって謳われた障壁画も400年余りの時間の経過とともに、劣化も進み昭和60年より10年の月日をあてて保存修理、複写模写が行われ10年前に完成した。


一押しご協力を!

 


**更に写真があります。
  お時間があればご覧下さい。

瑞巌寺の修行僧の部屋

瑞巌寺参道より松島を望む

国宝庫裡(くり)

文王呂尚図

松に孔雀図

上段の間の紅白椿図、牡丹図

尚、美術品は、撮影できませんのでパンフレットよりの複写になります。




追記を閉じる▲
瑞巌寺の修行僧の部屋

瑞巌寺参道より松島を望む

国宝庫裡(くり)

文王呂尚図

松に孔雀図

上段の間の紅白椿図、牡丹図

尚、美術品は、撮影できませんのでパンフレットよりの複写になります。



【2006/06/05 20:38】 | 奥の細道
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。