こちら庄内平野ど真ん中の人間。庄内の自然豊かで芳醇な文化、人々の暮らしを気ままにつづっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福の神「仙台四郎」仙台四郎さんは明治時代に実在した人物で、この四郎さんが立ち寄る店が皆繁盛した事から、「福の神」と言われるようになったという。
仙台四郎は本名を芳賀四郎といい、江戸末期に鉄砲職人の家庭に4番目の子として生まれた。やがて四郎さんが立ち寄ったりした店は繁盛すると噂されるようになり、「福の神」と呼ばれるようになったという。


福の神になった少年―仙台四郎の物語

 今も仙台のお店では、
        
 仙台四郎さんの写真額や人形をおいている店が多い。

クリック!<==ここクリックしてね!

【2006/01/04 10:25】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。