こちら庄内平野ど真ん中の人間。庄内の自然豊かで芳醇な文化、人々の暮らしを気ままにつづっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鞍馬

鞍馬2

鞍馬寺1

鞍馬寺2

鞍馬寺3

鞍馬寺4

鞍馬寺5

 義経伝説をひもときながらのウォーキングでもとお気軽に向かった鞍馬寺。しかし、石段の階段が続くと思えば、くねくねとしたつづらおりの急坂があり、8月の暑い日でもあり、わたしには登山のようにきつかった。かつて義経が歩き、考え、修行に励んだ道をこの夏、汗を流しながら歩いた。 広い境内を修行の場とし、さらに夜ごと天狗に剣術を学んだという
 義経の幼名は牛若。父親は平治の乱(1159年)で敗れた源義朝。母親は敵である平清盛の人質となって、乳飲み子の牛若は助けられ7歳のとき鞍馬寺に預けられ、そこで父と慕った清盛が、実は父の敵だと後に知ることになった。

【2006/09/04 22:18】 | 義経伝説
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。