こちら庄内平野ど真ん中の人間。庄内の自然豊かで芳醇な文化、人々の暮らしを気ままにつづっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

義経供養塔

義経が暮らした東光坊跡

さらに神秘の世界へ

 鞍馬の火祭りで有名な由岐神社を過ぎてほどなく、九十九折りの参道に入ると「義経供養塔」が立っていた。800年前に、義経が歩いた小道、眺めたそびえ立つ木々。こんなところで少年牛若は、自分の境遇を嘆くこともなく学問と武芸に励んでいたと思うと感慨無量である。
 さらに、奥へ奥へ、神秘の世界へわたしは招かれていった。

【2006/09/05 05:06】 | 義経伝説
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。