こちら庄内平野ど真ん中の人間。庄内の自然豊かで芳醇な文化、人々の暮らしを気ままにつづっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 国立新美術館の片側全面のガラス窓より、やわらかな光が館内に降り注いでいた。
 そこは、パリの街角カフェを思い起こさせてくれた。
 椅子に腰掛け、ピカソシャガール藤田嗣治を語ったり、行き交う人々を眺めながら体を休めたりと、思い思いに休憩ができるテーブルと椅子が連なっていた。まさに、ここは、パリの街角の賑わいと安らぎまで展示されていると言っても過言でない。
2階より

パリカフェ


【2007/02/15 20:47】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。