こちら庄内平野ど真ん中の人間。庄内の自然豊かで芳醇な文化、人々の暮らしを気ままにつづっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 PCにやっと向かっています。年度末ということで、いつもより仕事に専念してしまってブログを休んでしまいました。
タロウカジャ


 今日、友人の主催する茶会に行ってきたのですが、茶室にある一輪挿しの花の名前の話題をひとつ・・・。
 「この花はツバキですか?風流だね。」
 「ツバキだけども、タロウカジャと言って、早咲きで、ほかのツバキより先駆けて花を咲かせるんだ。」
 「タロウカジャって言うと、日本古来の狂言かなにかみたいだね。」
 「そうそう、狂言の舞台で開口一番に口上を述べる太郎冠者にちなんでなづけられたんだ。」

 さらに、織田信長の弟で、茶人の小田有楽斎によく愛好されたということで、関西では有楽(うらく)とも言われていることも教えてくれた。この茶室では、まわりの庭に数種類のツバキが自生していて、そのときの趣にかなうツバキなどを生けるそうだ。
 
 

【2007/03/25 14:24】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。