こちら庄内平野ど真ん中の人間。庄内の自然豊かで芳醇な文化、人々の暮らしを気ままにつづっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 大阪に春の到来を告げる「桜の通り抜け」が、大阪市北区の造幣局で始まっている。明治16年の1883年から続いている行事で、今年は暖冬の影響で史上最も早い開催で、ちなみに昨年より1週間早い通り抜けとか。
 南門から北門まで遅咲きの八重桜を中心に124品種、370本の桜があり、今年の桜は「松月(しょうげつ)」で、これから淡い桃色の花を開かせる。


 

この記事と写真は、娘から送られてきたものです。




案内

桜並木

にぎわい

【2007/04/07 17:05】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。