こちら庄内平野ど真ん中の人間。庄内の自然豊かで芳醇な文化、人々の暮らしを気ままにつづっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKの「紅白歌合戦」の視聴率(関東地区)がアップしたと発表になったが、それは、前年度に比べてのこと。過去10年間では1部・2部とも歴代ということで、史上最低にならなかったということだけのこと。
そもそも、視聴率を維持するためにいくらのお金をつぎこんだのか。受信料を払っている視聴者に説明をする義務があるのではと思う。
NHKは受信料の未払者に払え払えとはいうが、どの番組にどのように使っているのか、具体的に示すべきではないか。「
番組は受信料で作られています」と言うのであれば、もっと、詳細に、視聴者一人一人に決算資料を提示して説明すべきではないのか。まったく不明瞭である。
紅白の名物にはなったが(YAHOO!NEWSより) 5~6%の視聴率をアップするためにどれだけの血税をつぎこんだのか、そんなにしてまで紅白に資金をつぎ込む必要が、この時代にあるのか???
過去の幻影を追わずに本来の番組作りに「分相応に取り組めばいいのではないのか。

クリック!<==ここクリックしてね!


【2006/01/03 14:15】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。