こちら庄内平野ど真ん中の人間。庄内の自然豊かで芳醇な文化、人々の暮らしを気ままにつづっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 昨日から京都に来ていました。
 そして、今、本当に久しぶりにブログに向かっています。
 
 中越沖地震以来の更新です。
 私のような東北人が京都に電車で向かうときは、青森始発-大阪着の特急日本海を利用します。これは寝台列車です。夜に乗り込み寝台で寝酒を飲んでごろんと寝て、朝になると京都に着いているというので、旅の情緒たっぷりの電車です。
 ところが、この日本海号は、地震の影響から8月いっぱいは運休なんだそうです。ということで、今回は、東京にいったん出て、新幹線に乗り換えてで京都に到着です。

 昨日も今日もこちらは暑いです。昨日は、昼過ぎに着いてこれからしばらくお世話になる部屋を妻とやはりこちらに住んでいる長女と3人で掃除。
 今日は、朝9時に妻と二人で、清水寺六波羅蜜寺を散策してきました。涼しい午前中の半日コースです。それでも清水の坂はきつい。汗でべとべとになったシャツ。清水舞台から眼前に広がる絶景を眺めながら涼んできました。なんと至福の時間だったことでしょうか。
 そのあと、近くの六波羅蜜寺に向かい、歴史の教科書でしか見たことがなくて、長年の夢だった空也上人像と対面。口から6体の仏像を吐くなんとも不思議な像ですが、人々に仏法をとき癒して歩いた「市の聖」の生き様にすがすがしを感じました。

【2007/08/05 15:47】 | わたしの京都
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。