こちら庄内平野ど真ん中の人間。庄内の自然豊かで芳醇な文化、人々の暮らしを気ままにつづっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<

 秋田県の乳頭山と駒ヶ岳の麓に乳頭温泉郷がある。蟹場、孫六、大釜、黒湯、妙ノ湯などの温泉すべてで泉質が全く異なるという。

 今回わたしは、山の秘境である鄙びた雰囲気が残っている鶴の湯温泉をめざした。着いてみて驚いたのは、駐車場がほぼ満車状態。秘湯も有名になると・・・、少々がっかり。
 しかし、温泉はどこに入っても、古びた感じで風情があった。
 いろんな湯質を楽しむには、着替えて移動しなければならないけど、バスタオルを腰にまいて移動するのが一番。ときたま、女性がバスタオル姿ですれちがってびっくりすることもあった。

 混浴露天風呂は広い景色の良い湯船の足下に小石が敷き詰められていて、その小石の間からブクブクという泡と一緒に湯が湧き出てくるという非常に情緒がある温泉だった。
 ほかに、白湯(美人の湯)、黒湯(子宝の湯)、中の湯(眼っこの湯)滝の湯などが楽しめる。
 さすが、日本温泉百選のひとつだけある。

【2007/09/24 05:31】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。