こちら庄内平野ど真ん中の人間。庄内の自然豊かで芳醇な文化、人々の暮らしを気ままにつづっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白樺の木 はずんずんと、駒ヶ岳をめざして進んでいった。
 白樺を眺めながら、颯爽と走っていった。
 ここは、標高のわりにはたくさんの高山植物が見られるところらしい。

いい眺め 「すばらしい景色だ。」 「田沢湖が大きく見えてきた」。 8合目からは、その全貌がみられると、うきうきさせながらハンドルを握った。


いい眺めだ あれが、駒ヶ岳なのかな?
 「うっすらと木々が赤くなってきているね。」
 標高は、1637m。男岳女岳男女岳などの外輪からなり、夏のお花畑、秋のブナの紅葉、冬の樹氷、イヌワシの勇姿等とたび重なる爆発で自然美を作り出している。

あと少し 「ようし、あと6キロだ。」車は渋滞にもあわず、カーブも調子よく上がっていった。



あれれ? 「あれは、何だ?」 「あそこに仁王立ちのおじさんがいるぞ!」、そして、車止めまである。
 マイカー規制で、バスに乗り換えないと入山はできないのだとか。(但し、平日は除くとか)
 「知らなかったよ」


・・ということでした ということで、次の予定もあるし、目前で断念することに・・。途中に大きな看板で周知していたんだとか。見逃してしまったらしい。
 チングルマミヤマキンバイミネカエデナナカマドミネザクラ紅葉もきれいと聞いていたのに。足下のアカツメグサをパシャリ!。


【2007/10/13 06:59】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。