こちら庄内平野ど真ん中の人間。庄内の自然豊かで芳醇な文化、人々の暮らしを気ままにつづっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今日は、永遠の美を求めた「辰子姫」の伝説を紹介します。
   辰子姫の伝説 (「田沢湖辰子姫の伝説」より:要約)

 、神代村神成沢(田沢湖町)に三之丞という家がありました。
 木を切り炭を焼く夫婦に子どもはなく、心寂しさに朝も夕も「子どもをお授けください」と願う毎日でした。
 まばゆい辰子姫 しばらくした辰の年の春、夢にまでみた女の子が生まれ、夫婦は辰子と名づけました。大きくなるにつれ、辰子は姿のよい、雪のような白い肌と黒い瞳の娘となりその美しさは、「あの娘は天上の女神が人間の姿になって生まれてきたのではないか」と村中の評判となりました。
 数年後、秋も深いある日のことです。
 木の実をつんで山を歩きまわった辰子は、泉のそばに座って水を飲み、ほっと一息つきました。その時、水鏡に映った美しい自分の姿に大きく心が揺れました。「いつまでも若く、美しくありたい」と思った辰子は、永遠の美しさを得るため、院内岳の大蔵観音に百夜の願をかけることを決心しました。

 にぎわいを見せる
それからというもの、雨の日も風の日も毎晩欠かさず、辰子は家人が寝静まるのを待っては大蔵観音へと通いました。こうして迎えた百日目の満願の夜、いつものように大蔵観音の前で一心に祈り続ける辰子の前に観音様が現れました。
 「辰子よ、かわいそうな辰子よ、それほどまで永遠の美しさを願うなら、この北の峰を越えるがよい。そこに湧く泉の水を飲めば願いが叶うであろう
 辰子は、このお告げを心にきざみ、わき目もふらずに北へと進みました。辺りが深いブナの森になったとき、光り輝く泉を見つけました。その泉には美しい岩魚が住んでいて、それを捕らえて食べた途端絶えがたい喉の乾きが辰子を襲ったのです。
 ところが、飲めば飲むほど喉が渇きます。ついに腹ばいになり、水面に口をつけて、ごく、ごくと飲み続けたのです。するとどうでしょう。急に辺りは暗くなり、天地が裂けるような雷が轟き、滝のような雨が降りだしたのです。みる間に山は崩れ、溢れ出た水は谷をうずめ、満々と水を湛えた湖となりました。

 そう日本一深い『田沢湖』の誕生です。そして、辰子の姿は、目は炎のように歯は杭のように厚く鋼のようなうろこに覆われた龍の姿に変わっていました。もはや、美しい村娘の姿ではありません。 
このようにマスが 辰子の母は、いつまでも帰らない娘を探し、辰子の名を叫びながら歩き回り、いつしか、今まで見たことのない湖の辺まできました。
辰子ォー、辰子ォー、姿を見せておくれぇー。」と呼び叫ぶその声が、湖の奥底に潜む巨大な龍と化した辰子に届いたのか、水しぶきを上げて水面に姿を現しました。「お母さん、お許しください。私は永遠の美しさを観音様に願って、不老不死・神通自在の龍となり、この湖の主となりました。お母さんには、親孝行するまもなく、人の道にそむいた罪は大きいのですが、もうお別れです。親不孝のつぐないに、この湖を魚でいっぱいにし、その魚を贈ることをお約束します。」こう言い残すと、湖深くその姿を消しました。
 辰子の母は泣きながら、手にしていたタイマツを湖に投げ捨てました。すると、そのタイマツの燃え残りの木が、みるまに魚に変わり、スイスイと泳ぎ去りました。これが幻の魚『国鱒』です。


 こうして、辰子は静かな山の湖『田沢湖』の主となりました。

   国鱒は絶滅していなくなったそうです。そして、今は、写真のようにエサをやると集まってくるウグイがいる。聞くところによると、上流から流れる強い酸性で絶滅したとか。今はダムができて、ダムで中和されてから放水されている。

 そして、今も辰子は、田沢湖を守り、田沢湖周辺に繁栄をもたらしてくれている。

まんじゅう屋さんも繁盛

そば・うどん屋さんも


【2007/10/14 06:37】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。