こちら庄内平野ど真ん中の人間。庄内の自然豊かで芳醇な文化、人々の暮らしを気ままにつづっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスローズ
 クリスマスの頃に咲く花、それはクリスマスローズ
 バラによく似た花で、クリスマスの頃に咲かせるので、そう名付けられた。しかし、ローズだから、バラ科と思いきやキンボウゲ科に属する。


 こんな言い伝えがある。

その前に、

ぽちっとありがとう
ブログランキング・にほんブログ村へ

ありがとうございました。



 キリストが誕生した時に、信仰心の篤い貧しい少女がお祝いに駆けつけました。しかし、少女は、何も贈り物が無かったため悲しんでいました。
 そこに天使が舞い降りてきて、流した涙が落ちた枯野に、純白のクリスマスローズを咲かせてくれました。そして、少女は、その真っ白な花を花束にして、お祝いの贈り物として、聖母マリアと赤子のキリストに捧げました。
 それが、クリスマスローズと言われています。


 寒さに強く、半日陰で育ち、花の少ない冬に咲くクリスマスローズは貴重である。地味な印象があるかもしれませんが、開花期も長く、奥の深い花で、今日は、園芸店でクリスマスローズを買った。

【2007/12/25 14:46】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。