こちら庄内平野ど真ん中の人間。庄内の自然豊かで芳醇な文化、人々の暮らしを気ままにつづっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 新年に厄年を迎えた方もいらしゃるでしょう。
 日本各地には、いろいろな厄落としの風習があるようです。

 こちら東北には、秋田の「二度正月」というのがあります。
 これは、厄年の人が早く厄年をすませるため、小正月あたりに、もう一度正月として仮に年を取り直すということです。
 正月だから、門松を立てて雑煮を作ったりするところもあれば、厄年の人が餅をついて近所に配るというところもあるほど徹底しています。

 また、岩手県、一関市大東市では2月1日に「大原水かけ祭」が行われています。

 これは、厄男に水をかけて厄を落としてやるという祭りです。


水かけ


 厳寒のこの時期に、厄男たちはそれはそれは大変です。

 水をかけて、日頃のうっぷん、うさをはらしたい方、是非、おいでください。


 みなさんの所にはどんな厄落としがありますか?

    みなさん、今日も↓↓よろしくです。

ぽちっとありがとう


ブログランキング・にほんブログ村へ



【2008/01/18 04:21】 | 伝統・文化
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。