こちら庄内平野ど真ん中の人間。庄内の自然豊かで芳醇な文化、人々の暮らしを気ままにつづっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 メジャーリーガー活躍しているNYの松井秀喜選手がWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)を辞退すると発表した。その理由が、

2つの目標を追うことで、ヤンキースでワールドチャンピオンになるというアメリカ行きを決断したときの大きな夢がおろそかになるのを恐れる自分がいた。」

会見する松井選手(毎日新聞より) これを、今まで応援してきたのに残念。日本人の心・誇りも微塵もないと揶揄する声が聞こえるが、それは少々おかしいのではないか。
そもそも、このWBC自体が政治色が強い大会だし、野球のルール自体も特別ルールを適用して実施するとのことで、真の世界一を決める大会とは違うのでは疑問を持つ人もいるくらい。また、松井選手は、全日本監督の王貞治監督に伝えるのにかなりの時間を要した。ラブコールされてから1月以上も考え悩んだことになる。
 その心のうちを10枚もの便箋に綴って王監督に届けたという。松井はこんなに律儀な男なのだ。王監督も、さすができている人だ。松井の決断を素直に受けてくれている。
  わたしは、NYの中堅選手として大活躍しワールドシリーズに出場して、ワールドチャンピオンになるためにこのオフに全力を尽くすとした松井の選択は実に正しい判断と思う。そして、今度こそ松井自身の夢を結実してほしい。進化し松井のゴジラパワーを爆発させた姿をアメリカのグラウンドで見せてほしい。そのために、アメリカに渡ったのではないか。みなで応援しようではないか。

クリック!<==ここクリックしてね!

【2005/12/28 18:58】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。