こちら庄内平野ど真ん中の人間。庄内の自然豊かで芳醇な文化、人々の暮らしを気ままにつづっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<ヤフー・ニュースより>

 日本三大桜のひとつで国の天然記念物に指定されている福島県三春町の「滝桜」が満開となり、多くの観光客が訪れている。推定樹齢千年以上。枝の広がりが滝が流れ落ちるような様子から名前が付いたという(20日)





わたしが、4月5日に見に行ったときは、こんな感じでした。
2週間で、こんなに見事な姿になり、咲き誇っているかのようですね。
IMG_4426_R.jpg


そして、わたしが「滝桜」と対面していたこの4月5日は、あのベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のカラヤンの誕生日。

カラヤンは親日家で日本文化にも理解があったということで知られている。
それで、彼の自宅とお墓の周りに、三大桜の苗木がまさに植樹されていた日でもあった

山高神代桜」(山梨)「根尾谷淡墨(うすずみ)桜」(岐阜)、「三春滝桜」(福島)の日本三大桜の苗木が、
オーストリア・ザルツブルグで共演が始まった日でもあった。

7月には、小澤征爾がザルツブルグの三大桜の前でベルリンフィルとの演奏会が予定されており、
日本文化の日本の桜が、カラヤンとの縁で世界に広まっていくということでとてもうれしい。


今日もコメント&ポチをお願いしまーす


ぽちっとありがとう

ブログランキング・にほんブログ村へ


【2008/04/20 21:58】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。