こちら庄内平野ど真ん中の人間。庄内の自然豊かで芳醇な文化、人々の暮らしを気ままにつづっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬期間、閉鎖されている山形県蔵王坊平と宮城県遠刈田を結ぶ約26kmの山岳ロードの「蔵王ライン」が、このほど開通した。

冬の間、道路は雪で閉ざされているが、このGWに合わせて、両県から除雪作業を行ってくるという。

そして、除雪で積まれた雪の壁ができているという。


愛車アウトバックでどんどんのぼって行った。
ヘアピンカーブがつながり、緊張するドライブだった。

だんだん、雪の壁が高くなってきて、ご覧の通り。
DSC02497_R.jpg


天気が心配だな・・。
DSC02499_R.jpg


高くなった、雪の回廊を眺めながら、今日のもうひとつの目的の「お釜」までもう少し。
DSC02500_R.jpg


青い空が少し見えてきたので、山頂のカルデラ湖の「お釜」とも対面できるかなと期待が高まってきた。
しかし・・・、この時期はほとんどガスがかかっているそうである。
お天気が良ければ、ここの白くガスがかかっているあたりに、「お釜」が見えるらしい。
DSC02505_R.jpg

お目当ての「お釜」は、ガスに隠れていて、がっかり!!

外気温は1℃。風が強くて体の芯まで凍てつくような感じ。
DSC02503_R.jpg


山頂の方なら、写真のように確認できた
こんな中でも山頂に参拝している方がいてびっくり!

わたしと妻は、「お釜」の展望台から参拝して、
体をあたためるために、近くの温泉へアウトバックを走らせた。
DSC02507_R.jpg






お天気がいいときには、このように見える。

不思議な色の湖面が神秘な感じにさせている。



今日もコメント&ポチをお願いしまーす


ぽちっとありがとう

ブログランキング・にほんブログ村へ



【2008/04/27 06:44】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。