こちら庄内平野ど真ん中の人間。庄内の自然豊かで芳醇な文化、人々の暮らしを気ままにつづっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きれいな硬貨でしょ
手にとってみたいですね。




この硬貨については、下記を参考にしてください。


 財務省は13日、地方自治法施行60周年を記念し、47都道府県ごとの図柄で発行する記念貨幣(千円、500円硬貨)のうち、第1号の北海道の図柄を発表した。千円硬貨は、7月の北海道洞爺湖サミットにちなんで洞爺湖の風景と「自然環境の象徴」としてタンチョウをデザインした。サミットで参加国首脳にも贈られる。
 千円硬貨は直径4センチの純銀製。10万枚発行し、7月から6千円で販売する。洞爺湖と北海道旧本庁舎を図案化した500円硬貨は、12月ごろの引き換えを予定している。

 2016年までに、ほかの都道府県分を順次発行する。今年分として、源氏物語千年紀の京都を11月、石見銀山が昨年世界遺産に登録された島根を12月に発行する。
* アサヒ・コムより



 ふるさとの硬貨は、どんなデザインになって発行されるのか、発行が待ち遠しくなりますね。



 分からないのは、1,000円硬貨がなぜ6,000円で販売されるのか、この差額で生じた5,000円の10万枚分の5億円はどこにいくのだろうか?
47都道府県分だから、合わせたおよそ250億円は一体どう使われていくのか、世が世だから関心はそちらにいってしまうのはわたしだけだろうか。


 硬貨マニアの方なら、どうにかして47都道府県分を集めて全国制覇したいと思っていらっしゃるのではないでしょうか。

 第1号の北海道の美しい硬貨を見せられて、わたしも、ふるさとや京都の硬貨の2枚はほしいと思っているところです。




今日もポチ&コメをお願いしまーす m<_λ_>m


ぽちっとありがとう

にほんブログ村 地域生活ブログ 全国地域情報へ


500円硬貨をみたい方は、追記をのぞいてください。
ちょっと、古風な感じがするコインですね。

 




追記を閉じる▲



【2008/05/14 00:50】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。