こちら庄内平野ど真ん中の人間。庄内の自然豊かで芳醇な文化、人々の暮らしを気ままにつづっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北には、義経にまつわる足跡や伝説が数々あります

その中のひとつに、

義経はどんな顔をしていたの?




これには、明快な答えはありません。


源義経の肖像は、いろいろあります。


中尊寺蔵

p-Yoshitune2.jpg
国立近代美術館蔵

s-Yoshitune1.jpg
毛越寺蔵

「源平盛衰記」には義経を指してこのような表現が使われています。
面長くして身短く色白くして歯出でたり。」

このように「小柄で色白、反っ歯であった」といわれていますが、

その波乱万丈の人生の結末が、「悲劇のヒーロー」とされて、

現在にいたっては、

多くの人の中に、

「色白の涼やかな目元の美男子」

「勇ましい武将」

といった義経のイメージが作られているといえるでしょう。






【2010/09/06 19:01】 | 義経伝説
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。