こちら庄内平野ど真ん中の人間。庄内の自然豊かで芳醇な文化、人々の暮らしを気ままにつづっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おせちは重箱に入れておくといい日本の暦には、五つの節句がある。 その日は神様にお供えをし、家族揃って節振舞にあずかるという。 これが「おせちの始まりである。つまり、「御節料理おせちりょうり)に由来し、現在は、お正月の料理を「おせち」と呼ぶ ようになった。ちなみに五つの節句は、 1月7日の人日(じんじつ、七草)、3月3日の上巳(じょうし、桃の節句)、 5月5日の端午、7月7日の七夕、9月9日の重陽(ちょうよう、菊の節句)を指す。
 「おせち」は五穀豊穣を願い、 家族の安全と健康子孫繁栄の祈りを込めて、縁起のよい食材の名にこと寄せ、海の幸、山の幸を豊かに盛り込んだもの。 おせちは昔から、五法・五味・五色をバランスよく取り入れて作るのがよいとされてきた。
お正月は、年神様をお迎えするということで、この間は煮炊きを慎むということから作り置きし、この間女性の休養という意味もあるそうだ。
おせちの材料は、この時期には値上がりするので、早めに準備しておいたりと家計をあずかる主婦たちの腕の見せ所である。
豊漁豊作を期待
田作り =ごまめ(片口イワシの稚魚)を醤油風味の飴炊きにしたもの。田畑の高級肥料としてイワシが使われていた事から豊作を願う。 

 
これは数の子、子孫繁栄
数の子
= 卵の数が多いことから子孫繁栄を願う。
 


黒豆でまめに暮らそう
黒豆
=黒には魔よけの力が有るとされていたので、まめ(勤勉)に働き、まめ(健康)に暮らせることを願う。
 
 

なますは赤白の水引のイメージ
なます
=お祝いの水引をかたどっている。
 
 
 
腰がまがってもひげのように長く長くがんばろう
海老= ひげが長く腰が曲がっている様子が老人を連想させる事から長寿を願う。
 
 
れんこんは見通しよく、先行き良好ごうかで縁起物だてまきは豪華こぶまきは喜ぶ
 
 

 

*イラストは、こちら(=NOM'S FOODS iLLUSTRATED様)より借用しました。よくできているイラストで、レシピにも使えそうですね。ありがとうございました。

                  クリック!<==ここクリックしてね!


【2005/12/18 08:18】 | 伝統・文化
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。