こちら庄内平野ど真ん中の人間。庄内の自然豊かで芳醇な文化、人々の暮らしを気ままにつづっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

としこしそばを食べて、細く長く年越しそばは、細く長く生きる ということから食べるようになった。
①関西ではそばではなく、運を呼ぶ「うんどん(うどん)を食べて太く長く」願うところもある。
②そばが切れやすいことから、1年の苦労を切り捨てようとして食べるという説も。
③そばは風雨で倒れても、日に当たるとすぐに立ち直る植物なのでそれにあやかってという説もある。

 いつ食べるのといいかというと、夕食として食べても、その後、夜食として食べてもいい。ただ、年を越してから食べるのは縁起が悪いと言われる。夜中に初詣に行くなら、食べてから出かけると1年の締めくくりになるし、いい年がくるのではと言われている。

クリック!<==ここクリックしてね!

【2005/12/17 22:46】 | 伝統・文化
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。