こちら庄内平野ど真ん中の人間。庄内の自然豊かで芳醇な文化、人々の暮らしを気ままにつづっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


12345

昨年、新訳で話題になった「カラマーゾフの兄弟
書店で手にとっては、購入寸前までいったけど、
読めるかな?
と、思いとどまったドストエフスキー生涯最後の最高傑作。

そして、今年、これまたブームになっている
小林多喜二の「蟹工船
我々が学生時代では必読図書だったよな。
などと懐かしくおもいながらこちらも購入。

まんがなら読めると書いてあったので
買ってきました。

確かに、これなら分かりやすいし、読みやすいですよ。


夏休みは、名作に挑戦します。

ただし、まんがで読破シリーズ(イースト・プレス刊)だけどね。

みなさんのポチ&コメ
いつも、励まされています m<_λ_>m


(=^_^=)
↓↓

ぽちっとありがとう
にほんブログ村 地域生活ブログ 全国地域情報へ





【マクロミル】アンケート会員募集中!謝礼ポイント有


マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!



【2008/08/02 16:55】 | 諸々雑感
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。