こちら庄内平野ど真ん中の人間。庄内の自然豊かで芳醇な文化、人々の暮らしを気ままにつづっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






京都 下鴨神社にある『連理の賢木』。

根元は2本、なのに幹は途中から1本。

ということで、この木は「縁結びの御神木」といわれていて、
この御神木の傍に祀られている下鴨神社の末社「相生社」の神威によって、
2本の木が1本に結ばれたといわれいる。

 この御神木は4代目とされているが、
これが枯れたとしても代を次いで、
御神木が糺の森(ただすのもり)の神域に生まれるといわれており、
京の七不思議として古くから有名である。

みなさんのポチ&コメ
いつも、励まされています m<_λ_>m


(=^_^=)
↓↓

ぽちっとありがとう
にほんブログ村 地域生活ブログ 全国地域情報へ


【2008/08/28 00:03】 | わたしの京都
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。