こちら庄内平野ど真ん中の人間。庄内の自然豊かで芳醇な文化、人々の暮らしを気ままにつづっています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東かがわ市白鳥神社師走の伝統行事「おみかん焼き」が8日、香川県東かがわ市の白鳥神社であった。
この行事は、江戸時代後期から伝わる火の神を敬う神事。古くなったお札や祭礼用具を燃やす火で焼いたミカンを食べると一年健康で過ごせると伝えられている。煙が立ち上る境内では、青竹の先端に刺したミカンをかざし、けむりとあつさをがまんしながら来る年の無病息災を祈る人でにぎわった。

みかんの効能も最近は見直される中、焼きみかんは特に健康的な食品なようだ。かぜの初期症状には特にいいと言う。フライパンやストーブの上で加熱したりして簡単に食べられるし、こだわりのある人では専用の焼きみかん器を使っている人もいるという。

クリック!<==ここクリックしてね!

【2005/12/13 05:54】 | 伝統・文化
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。